ホーム > 車種別警察車両特集 > 150系クラウンパトカー特集

150系クラウンパトカー特集
1996年に80系マークIIと130系クラウンの後継として登場しました。
元々警らはマークII、交通はクラウンと車種が分かれていましたが、1994年度の国費で130系の警ら仕様が登場し、1995年にマークIIのパトカー仕様が廃止されたことから警らと交通が当代で完全に統一されることになりました。
車内
2JZ-GEを搭載する3000cc(JZS155Z)の車内です。市販車には2000ccしか設定されない5MTの組み合わせです。内外装はスーパーデラックスDパッケージに近いですが、それとは異なりビニール張りシートとタコメーターを装備しています。 また、オーディオスペースにサイレンアンプとストップメーターが装備されるため、真下の本来何も無い場所に穴を開けてタクシー用の薄型ラジオを装備しています。
AT車
1G-FEを搭載する2000cc(GS151Z)はAT車も設定され、この型から国費では初めてATの警らパトカーが本格導入されました(試験導入では三菱シグマが初)。また、2500ccの1JZ-GEを搭載する4WD車(JZS153改)も改造車扱いで少数配備されました。

2000ccは市販車とエンジンの諸元が共通ですが、ATはLPGエンジンの営業車と同型で電子制御ではありません。3000ccのエンジン諸元は市販車と異なりMTの組み合わせがある80系スープラと共通です。 また、1998年には2000ccにVVT-i(可変バルブタイミング機構)が採用され、最高出力が135psから160psに向上しました。

安全装備として運転席エアバッグとABSが装備されましたが、3000ccのみ助手席エアバッグがオプション設定されていたほかABSはレスオプションも選択可能でした。

市販車同様フェンダーミラーが標準ですが、ドアミラーもオプション設定されており、国費の覆面は基本的にドアミラー仕様で配備されました。また、覆面の前面警光灯は2000年度の国費に限りフロントグリル内側ではなく、外側にオートカバーが装備されました。

装備
スーパーデラックスDパッケージと共通
グレードエンブレムなし
サイドプロテクトモールなし
AM/FMラジオ(後期型)※1
2スピーカー
など・・・
前席のみパワーウインドウ
パワードアロックなし
運転席のみエアバッグ※2
ビニール張りドアトリム

※1Dパッケージに装備されるのは1DINサイズ、※2初期型のDパッケージは非装備

パトカー仕様のみ
タコメーター
15インチ銀色スチールホイール
ビニール張りシート
ボディ同色ドアサッシ(白黒のみ)
など・・・
ワイドバンパー
3000cc+5MTの設定
AMラジオ(前期型)
リア灰皿なし

ホイールはスーパーサルーンエクストラの3ナンバー車と共通で ホイールキャップ装着ながら銀色塗装となっています。

国費導入車1台あたりの価格
年度 無線警ら車 交通取締用四輪車 交通取締用四輪車(反転警光灯)
1997 182万円 日産が落札 228万円
1998 172万円 205万円 207万円
1999 210万円 188万円 226万円
2000 231万円 184万円 214万円
後席
後席です。パワーウインドウは前席のみのため、後席は手動ウインドウです。シート地はビニールレザーが標準ですが、北海道警にはスーパーデラックスと同様の布張り(ファブリック)の車両も配備されています。
アームレスト
150系ではパトカー仕様でもアームレストが装備されていますが、170系以降は廃止されています。
天井
天井にはルームランプの他、中央部にマップランプが装備されています。

警察向け以外にも旧日本道路公団向けに道路巡回車が設定されていたほか、献血供給事業団の血液運搬車としての採用実績もあります。

戻る トップに戻る