ホーム > 白黒パトカー未掲載車配備情報

未掲載車配備情報

HP掲載車種以外にも多数配備されています。

レクサス

LC

2020年度にLC500が栃木県警交通機動隊に寄贈の形で配備されており、レクサス車の白黒パトカーは国内初採用です。他の寄贈車同様希望ナンバーで「・110」を取得しています。

トヨタ

アリスト

140系前期型、後期型3.0Vが静岡県警高速隊に県費配備されています。前面警光灯はフロントバンパーに装備され、純正オーディオを外してサイレンアンプとストップメーター、それに挟み込まれる形でタクシー用薄型ラジオが装備されています。

ヴィッツ

10系中期型が石川、岡山に県費配備されています。

130系後期型Fが富山に県費配備されています。

カムリ

V40系後期型ルミエールの4WDとXV20系2.2Four Vセレクションが山形に県費配備されています。

カルディナバン

Uが岐阜に県費配備されています。

スープラ

70系前期型、中期型3.0GTが埼玉県警高速隊に県費配備されています。フェンダーミラー仕様ですが、ナビミラー代わりに助手席側のみドアミラーが装備されています。

センチュリー

20系Aタイプが愛知県警高速隊に県費配備されています。

ソアラ

10系後期型2.8GTが茨城県警高速隊に県費配備されています。当時の白黒パトカーでは珍しいドアミラー仕様です。

30系前期型2.5GTツインターボが三重県警高速隊に県費配備されています。フェンダーミラー仕様で前面警光灯はフロントバンパーに装着されているほか、採証用のため警光灯スピーカー部分にストロボが内蔵されています。

ハリアー

30系240Gが熊本に県費配備されています。

ビスタ

50系後期型が群馬に県費配備されています。

プロボックス

50系DXが兵庫に県費配備されています。

ルーミー

2019年度にXが静岡に県費配備されています。

日産

アベニールカーゴ

1995年度にLのAT車が神奈川に県費配備されています。

シーマ

Y31セドリックシーマが静岡県警高速隊に寄贈で配備されています。

Y33前期型41LV VIPが埼玉県警高速隊に県費配備されており、サイレンアンプとストップメーター装備のため灰皿の位置に1DINオーディオが装備されています。

ステージア

M35前期型250RS FOURが三重に県費配備されています。

セフィーロ

A32後期型30Sツーリングが青森県警高速隊に県費配備されています。

パルサー

N14型セダンV1が秋田に県費配備されており、フェンダーミラーがオプション装着されています。

プレサージュ

U30型が群馬に配備されており、日本のパトカーでは珍しいウィレン製警光灯が装備されています。

プレジデント

150型が警視庁高速隊に都費配備されており、白黒パトカー初のAT車かつ電子サイレン採用車と言われています。

レパードTR-X

前期型280X SF-Lが京都に県費配備されています。

ローレル

C31セダン後期型ターボGX、ターボメダリストが熊本に、C35前期型25メダリストFOURが青森に県費配備されています。

ホンダ

プレリュード

4代目前期型、後期型Si VTECが警視庁に都費配備されています。

三菱

i MiEV

市販化に向けた電気自動車の実証実験のため、2008年7月から同年度末までメーカーから神奈川県警に貸与されています。

チャレンジャー

前期型GDIガソリン車が山梨に県費配備されています。

ミラージュ

初代後期型5ドアハッチバックが岡山に配備されています。

マツダ

コスモ

コスモAPが1976年度に国費配備されており、山口の車両はパトカーの役目を終えた後、儀礼用オープンカーに改造され2011年頃まで使用されていました。
この他コスモスポーツが警視庁に配備されています。

ルーチェ

5代目セダン後期型V6-2000(ターボかNAかは不明)リミテッドが山形県警高速隊に県費配備されています。

この他2〜4代目が交通取締用として複数地域で配備されています。

オートザム・レビュー

Sが兵庫に県費配備されています。

スズキ

クロスビー

2019年度にハイブリッドMXが離島用で警視庁に都費配備されており、フォグランプがオプション装着されています。

フロンテ

歴代モデルが警視庁で交通ミニパトとして都費配備されています。

メルセデス・ベンツ

W114

280CEが静岡県警高速隊に配備されています。

BMW

3シリーズ

E30系325iの2ドアが福島県警高速隊に配備されています。

ポルシェ

911

1978年モデルの930型911SCが新潟県警高速隊に配備されています。北陸道開通に合わせて配備されたと言われており、末期はイベント展示用となりながらも20年以上使用されました。

912

1960年代に4台寄贈されており、神奈川、静岡、愛知、京都に配備されています。

神奈川の車両のみ退役後も警察学校のロビーで展示されており、2000年代に入り解体屋での目撃情報が出回りそのまま解体されたと思われましたが、 2010年代に入り、個人の手に渡りレストアを経て公道復帰を果たしています。 << BACK