ホーム > 遊撃車
遊撃車

I型

マイクロバスベースの車両です。一見、中型輸送車と見分けがつきませんが、後部の観音開きドアと左右対称の折り戸で識別可能です。
国費導入車ですが、配備先に偏りがあり、警視庁など大規模警察に配備が集中しています。

シビリアン
ジャーニー
トランスポーター

II型

I型から運転席側折戸を無くした仕様です。
全国的に配備されていますが、警視庁では未確認です。

リエッセII
シビリアン
ローザ

III型(ゲリラ対策車)

遊撃車III型での調達は少なく、主にルートバン型無線車の名目で調達が行われています。
配備時期により調達名に私服用と付く場合がありますが、覆面車両ではありません。
ワンボックス型車両は紺色塗装に金網装備が基本でしたが、2015年度より仕様が変更され、機動隊カラーに金網非装備となっています。

ハイエース(100系)
ハイエース(200系)
キャラバン(E24)
キャラバン(E25前期型)
キャラバン(E25後期型)
NV350キャラバン(前期型)
NV350キャラバン(後期型)
テラノ・ビッグホーン

この他、デリカスターワゴンが配備されており、4WDハイルーフで市販車には存在しない標準ボディの5ドア仕様です。

IV型

覆面タイプの車両です。ボンゴワゴンやステップワゴンなど、1BOX車やミニバンがベースです。
金網など遊撃車特有の装備は無いため、通常の覆面パトカーとして車種別ページに掲載しています。
< BACK