ホーム > その他災害救助系車両 > 山岳救助車

山岳救助車
ハイエース

山岳救助車
警視庁第七機動隊の200系前期型です。スーパーロングバンDXの4WDがベースで、フォグランプをオプション装着し、フロントバンパーにはウインチが装備されています。
リア
屋根後部にはサーチライト、バックドアにはLED補助警光灯(LAR)が装備されています。また、ナンバープレート付近にバックカメラが装備されています。最大積載量は500kgです。
NV350キャラバン
山岳救助車
2018年度に都費配備された警視庁第七機動隊の後期型です。標準ルーフDXの4WDがベースで、LEDヘッドランプ+LEDリヤコンビネーションランプとフォグランプ、EXパックがオプション装着されています。(提供:セリケンさん)
リア
LED前面警光灯はLP5がフロントグリルの形状に合わせ斜めに装着され、ルーフキャリアの上にはLEDサーチライト(フラッシュボーイR)が装備されています。(提供:セリケンさん)

パジェロ

国費導入車1台あたりの価格
年度 2009
価格 284万円
山岳救助車
2009年度に国費導入された覆面タイプの車両です。屋根にルーフキャリアとサーチライトが装備されています。
リア
グレードはZRです。一般向けは既に廃止されており、法人・官公庁専用グレードとなっています。

デリカD:5

山岳救助車
県費配備された覆面タイプの車両です。グレードはMの4WDで屋根にサーチライト一体型のルーフキャリアが装備されています。(提供:セリケンさん)
< BACK << TOP